お知らせ一覧news

ホーム >  お知らせ一覧
  • お知らせ

    診療時間の変更・休診は診療カレンダーでご確認ください

    【新患の方の受付時間について】

    整形外科の新患の方の受付は午前は12:00まで、午後は17:00までとなっております。

  • 内科

    浅沼整形外科ではインフルエンザ予防接種を受け付けております

    浅沼整形外科では2021年10月1日よりインフルエンザの予防接種を受け付けております。ご予約の方優先となりますので、ご希望の方は事前に受付またはお電話でご予約ください。

    ※16歳以上で、今までにワクチンでアレルギーを発症したことが無い方を対象としております。
    ※接種可能日は当院の診療日の診療時間内となります。
    ※火曜日の午後はご予約の対象外となりますのでご注意ください。

    ◇一般の方…3,850円(税込)

    ■新型コロナウイルスワクチンとの接種間隔について
    新型コロナワクチンを接種する前後にインフルエンザの予防接種を受ける場合は、原則として13日以上の間隔をおいてください。
    (2週間後の同じ曜日以降から接種が可能となります。)
    新型コロナワクチンと他の予防接種を同時に接種はできませんので、くれぐれもご注意ください。

    インフルエンザは例年11月~12月に流行し、1月~3月頃にピークを迎えます。
    インフルエンザのワクチンを接種して抗体ができるまでは2週間ほどかかると言われております。
    ピーク時期を迎える前に余裕を持って接種することをお勧めします。

    引き続きコロナウイルスとの戦いも続きます。
    日頃より密を避け、マスク着用・うがいや手洗いの習慣を身につけて、予防につとめましょう!

  • お知らせ

    【来院者様へのお願い】新型コロナウイルス感染対策について

    浅沼整形外科では、ご来院の患者様に新型コロナウイルス感染対策のご協力をお願いしております。
    感染拡大を防ぎ、みなさまの健康と安心を実現するために努めて参りますので、ご来院の際はご一読の上、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

    新型コロナウイルス感染対策のお願い(PDF)

  • 整形外科

    腰痛予防ストレッチのススメ

    腰痛は、過労による筋肉の衰えが原因であると考えられています。筋肉が落ちることで上半身の重みを支えづらくなり、腰の負担が増えてしまうのが要因です。

    さらに筋肉が衰えると血行も悪化するので、神経が圧迫されて腰に痛みが生じやすくなります。
    長時間同じ姿勢でいることで筋肉が凝り固まってしまうことも、腰の痛みを悪化させてしまいます。

    腰痛の解消にはストレッチや運動が推奨されています。
    継続することで症状緩和や再発防止予防効果が期待できますので、毎日時間を見付けて実施してみましょう。

    横や前後の開脚ストレッチ、うつ伏せでひじを立てるプランクなどがオススメ。
    無理のない範囲で10~20秒を3セットほどやってみてくださいね。

  • 整形外科

    突然!交通事故にあってしまったら……

    幸い、大きな怪我には至らなかったととしても、「痛くないから大丈夫」という自己判断は危険です。
    交通事故直後は脳が興奮状態にあり、正常に判断できなかったり、あまり痛みを感じなかったりします。患者様の中には、後から痛みが出て頭痛やめまいに苦しんだという方も多くいらっしゃいます。

    まずはすぐに、「整形外科専門医」の診断を受けましょう。
    浅沼整形外科では、交通事故後遺症の治療や交通事故に関するご相談も受け付けております。
    交通事故にあった時の治療は、早期受診が重要です。症状を感じなくても、自己判断をせず診察を受けましょう。

    交通事故治療のページはこちら

  • 内科

    マスク着用時には熱中症にお気をつけください

    新型コロナウィルス感染症対策のため、浅沼整形外科ではご来院の際にマスクの着用をお願いしておりますが、気温・湿度の上昇に伴い、部屋の温度管理を徹底し、熱中症対策も実施しております。

    患者様におかれましても、こまめな水分補給や暑い時間帯は無理をしないなど、熱中症対策を十分にしてマスクを着用するようにしましょう。

  • 整形外科

    転倒にご注意を!

    段差やお風呂場で転倒しそうになり、ヒヤッとした時はありませんか?そんな場面が増えたらバランスが衰えているサインです。
    そろそろ梅雨の時期ですので、足元はますます滑りやすくなっており、転倒しやすくなっています。

    バランスは運動することで鍛えられますが、もし転倒による怪我をされた場合は、放置せずに浅沼整形外科へお越しください。普段の生活を取り戻すために、患者様の痛みと真摯に向き合います。

    整形外科のページはこちら

  • 整形外科

    長引く自粛生活で運動不足になっていませんか?

    運動不足により血流が悪くなることで、腰痛や肩こり、頭痛など様々な不調を引き起こします。
    ストレッチで筋肉をほぐし、体と心を緩めてあげましょう。ウォーキングも効果的です。
    急に激しい運動を始めると、ケガにつながる恐れがあるので軽い程度から始めるのがおすすめです。
    なかなか解消されない場合や、急激な痛みを伴う場合には浅沼整形外科にご相談ください。

  • 整形外科

    眠い朝でもいい目覚め!朝起きたら少し身体を動かしましょう

    「春眠は暁を覚えず」という言葉もある通り、春になるとどうしても眠くなりがちですよね。
    人間は睡眠中、副交感神経の働きが高まり、体温が低い状態になっています。これは身体が休息モードに入っている印で、なかなか朝目が覚めないのもこの働きが関係しています。

    しっかり身体が目覚めていない状態で外出すると、段差に足が取られやすくなるなど、ちょっとしたことでケガに繫がる恐れが高まります。
    それを避けるためにも、起きたら少し身体を動かして、副交感神経から交感神経へスイッチを切り替えましょう。交感神経の働きが優位になると、体温が上がって活動モードになります。布団の中で手足を動かしたり、体を伸ばしたりするだけでも効果的です。

    春眠からスッキリ目覚めるためにも、ぜひ試してみてくださいね。

  • お知らせ

    診療を再開いたしました

    平素は、当法人の運営に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

    浅沼整形外科のリハビリテーション科では、コロナウイルス感染者発生に伴い臨時休診となっておりましたが、2/8(月)にすべての診療を再開いたしました。

    当院ご利用の患者様には大変ご迷惑、ご不便と心配をおかけしてしまい誠に申し訳ございませんした。
    万全の状態で患者様をお迎えできるよう、院内の全面消毒をはじめ、壁紙の貼り換えやイスの新調なども実施いたしました。
    引き続き関係各所と連携し、患者様の健康と安全を最優先に考慮した上で、新型コロナウイルス感染拡大防止策の徹底を継続して参ります。

    2021年2月8日
    浅沼 達二