PFC-FD™治療PFC-FD

ホーム >  PFC-FD™治療

仙台市太白区初!
ご自身の血液に含まれる
血小板由来成長因子による
修復機能を
活用した治療法です

PFC-FD™治療とは、患者様ご自身の血液(血小板)を利用し、治りにくい組織の修復を促したり、早く組織修復を促したりすることができる治療方法です。
仙台市太白区では、浅沼整形外科が初の導入施設となります。

※PFC-FD™は、セルソース株式会社の提供する商標です。

仙台でPFC-FD療法のできる浅沼整形外科


PFC-FD™治療の特徴

PFC-FD治療の特徴

手術・入院しなくても
痛みの改善を目指せます

血小板は傷の修復を担当する、血液成分の1つです。
PFC-FD™治療では、ご自身の血小板に含まれる成長因子を用いて、自己修復力を活性化させることが目的になります。

自己修復力を活性化した結果、ケガや傷の修復が速まったり、治りにくくなった部位の治癒プロセスが活性化したりという効果に加え、組織の硬さや柔軟性を元の状態に近づけることや、痛みの感じ方を変化させることが期待されます。

こんな方にオススメ

仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法・ひじ
仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法・膝
仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法・膝
  • 手術など、なるべく痛い治療は受けたくない方
  • 長引くつらい痛みに苦しんでいる方
  • 変形性膝関節症や関節炎と診断された方
  • スポーツでケガをした方や関節を痛めた方
仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法で期待できる効果
  • 痛みの
    早期軽減
  • ケガの回復
    速度向上
  • 関節の
    組織修復

組織を修復するために
必要なもの

変形性関節症や筋・腱損傷など、関節疾患による痛みは、以下の3つの要素により、関節の組織を修復することで改善されます。
それに物理的刺激を加えることで、修復促進にいたります。

細胞

組織を構成し、
維持する働きを持つもの

足場

コラーゲン、ヒアルロン酸など
立体構造を作るもの

液性成分

成長因子、サイトカインなど
細胞に刺激を与えるもの

仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法の理論
  • 仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法の理論①
    血小板成分を濃縮し、活性化した状態で患部に注入することで、注入された場所の自己修復力が高まります。
  • 仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法の理論②
    血管が新しく作られたり、細胞が集まってきたり、足場と呼ばれる立体構造の基礎となるものが作られるなど、新しく組織を作るうえで必要なものが損傷部に集まります。
  • 仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法の理論③
    集まった細胞や足場に対して、物理的な負荷(圧力をかける、伸縮させる、こするなど)を加えることで、その場所に必要な強度や物性を持った組織を作ります。
仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法のメリット

メリット

  • 自己修復力を用いているので、自然な形で修復が期待できます。
  • 自己修復が難しいと言われる組織でも、修復を促すことができます。
  • 何度でも受けることができます。
  • 関節・筋・腱・靱帯・骨など、運動器の大半に対して治療を行うことができます。
仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法のデメリット

デメリット

  • 自己修復力に依存しているため、上手く修復プロセスが働かないことがあります。
  • 痛みや炎症(熱感・赤み・腫れなど)を伴うことがあります。
  • 感染症を起こしている場合は治療できません。
  • 社会保険・国民健康保険など、医療制度上の保険で受けることはできません。
  • 採血部や注入箇所の一時的な痛み、皮下出血の可能性があります。
  • 採血部や注入箇所に感染症が起こる可能性があります。


PFC-FD™治療の流れ

  • 問診・診察
    仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法の流れ①問診・診察
    症状の原因となっている部位を診察し、患者様の痛みの程度や関節・炎症の状況、これまでに実施してきた治療などを医師が問診します。
  • 採血
    仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法の流れ②採血
    約50mlの血液を採取させていただきます。
    採取後は清浄度管理された施設を持つセルソース(株)に輸送し、検査の上、無菌装置を用いて成長因子を3週間ほどかけて加工します。
  • 血小板由来
    成長因子を注射
    仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法の流れ③血小板を注射
    検査の結果、治療可能となった場合は、次回来院時に、痛みや炎症部位に血小板由来の成長因子を注射します。
    手術や入院の必要はありません。
  • リハビリ
    仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法の流れ④リハビリ
    痛みを感じている間に安静にし過ぎてしまうと、治療部位が硬くなり長期的な痛みの元になる可能性があります。治療後には継続的なリハビリテーションが必須です。

治療後の注意点

  • 注入部位は翌日から浴槽につけていただいて大丈夫です。
  • 注入後数日間は、血流の良くなる活動(長時間の入浴・サウナ・運動・飲酒など)を行うことで、治療に伴う痛みが強くなることがありますが、この痛みが強くなったからと言って、治療効果に差はありません。
  • 関節は細菌に弱いので、注入部は清潔に保つよう心がけてください。


PFC-FD™治療の
よくある質問

副作用はありますか?
患者様ご自身の血液由来の成分を注射するため、重い副作用は少ないと考えられます。
ただ、注射による痛みや赤みを感じる方はいらっしゃいます。ご不安な場合は医師や看護師にお申し付けください。
健康保険は適用になりますか?
自由診療となります。予めご了承ください。
入院は必要ですか?
注射による診療ですので、外来診療のみで治療を受けることが可能です。
手術や入院は必要ありません。
ご不安な方は医師にご相談ください。


PFC-FD™の
治療料金

1回につき 180,000円
(税込)
内訳
血液検査料
15,000円
(税込)
※治療適応の判断をするため
施行します
PFC-FD 注射費用
165,000円
(税込)
※検査の結果、治療不適応
となった場合は返金します
仙台にある浅沼整形外科のpfc-fd療法の料金

※悪性腫瘍を患っている方や、感染症検査(HIV・HBV・HCV・梅毒・HTLV‐1)で陽性反応が出た方は治療を受けられません。
その場合、血液検査費用のみご負担いただき、残りの165,000円(税込)を返金いたします。
※無断キャンセルの場合、返金は出来かねますので何卒ご了承ください。

モデルケース

横スクロールでご覧いただけます

納品形式投与部位投与数投与方法請求総額(税込)備考
PFC-FD
3ml×2バイアル
片膝2バイアル一部位に
2バイアルを
一度に投与する
180,000円
PFC-FD
3ml×2バイアル
片膝と片ひじ2バイアル各関節に
1バイアルずつ
一度に投与する
180,000円
PFC
1ml×6バイアル
両膝と片ひじ6バイアル各関節に
2バイアルずつ
一度に投与する
180,000円
PFC
1ml×6バイアル
片ひじ6バイアル一部位に
2バイアルずつ
2か月おきに
3回に分けて
投与する
180,000円2回目3回目は
手技代だけ
5,000円ずつ請求


PFC-FD™の
担当医師

整形外科医 |
秋 貴史あき たかし

スポーツ整形外科治療やリハビリテーションなどを担当している整形外科医の秋がPFC-FD™治療も対応いたします。
つらい膝やひじの痛みなどでお悩みで、PFC-FD™治療をお考えの方はお気軽にご相談ください。